転職に思うこと。

看護師は女性が多いので、結婚による転職が多いわけです。
以前は不規則な勤務形態の看護師にとって、出産と子育てをするとなると、職場をやめなければいけないことが多かったと思います。子育てを終えてからの復職なんて、不安要素でしかありません。(看護師不足の現状と対策)しかし、今では慢性的な看護師不足をどうにかしようと、産休・育休を取りやすくなっている病院が増えています。
それには勤務体制の問題が大きくあります。最初の理想は経験を積んでのスキルアップを望んでいても、家庭を持てば両立させるためには、夜勤勤務のないところへの転職は止むおえない問題にもなります。家庭との両立でなくても、体力の点からも夜勤勤務は転職希望の一番にあるようです。
その他に転職を考える場合には、看護師としての思考の方向性の違いや、最初考えていたことではなく、別な魅力の方向性があることに出会ったときなどがあるようです。
高齢化社会においては、看護師の仕事の場も多くなっているので、老人看護の方向に魅力を持つようになったケースも多くあります。一人の人とゆっくり寄り添う看護にも大きな魅力が秘められています。やり甲斐が大きい仕事でもあります。
過酷で厳しい看護師の仕事は、白衣の天使という言葉もしっかり生きている世界なのですが、理想と現実の厳しさもあいまって、転職を考えている人が多いことも仕方のないことでもあるのです。
売り手市場が長く続いている看護師の職場です。その上、看護師の資格は国家資格なので、専門職というもので、転職のしやすさもあるようです。人手不足でもあるので、経験者は即戦力ということもあり、育成コストの点も考えると看護師の転職は多いに歓迎されます。
手術室の介助の仕事を望むようになった人の場合には、オペ室を選び直し、手術の後の患者の管理に魅力を感じるようになったひとならば病棟勤務をえらんでの転職もあります。周りの人たちの様子を見たり聞いたりしているうちには、別な方向に魅力を感じるようになって、その医療機関でそれが叶えられる場であれば、スキルアップをしての対応も可能なのですが、そうではなく別な医療機関への希望であれば、転職という道を選ぶことになります。
看護師の場合には、多くの経験が活かされるケースも多いので、転職は不利でもマイナスでもないのがこの世界の特徴にもなります。
転職をすることがスキルアップになるような、より良い方向での看護ができる環境を求めての転職であれば経験もスキルになりますから。
転職によって年収アップや待遇改善、勤務時間の変更なども難しい希望ではないようです。目標とする待遇へと転職をするためには、それまでの診療科目勤務経験や大規模病院の勤務経験、介護分野の経験などキャリア形成が重要になることでもあります。
看護師の転職に対応してもナースバンクは、公的機関のような立場のものもあり、需要の多さが計り知れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です