一般企業でスキルを活かして働く

看護師の職場は病院や医療機関だけではありません。
看護師の転職先として人気なのは実は一般企業だったりもするのです。
一般企業に就職する看護師の仕事には様々な仕事がありますが、中でも特に転職先として人気なのが企業・産業看護師と呼ばれる会社専属の看護師です。
社内にある医務室などでの勤務が主な仕事となり、基本的には会社がある日のみの仕事となるため、土日祝日休み、日勤のみ、お盆・お正月の休暇ありと一般的な病院に働く看護師としては考えられない理想的な働き方ができると人気です。
看護師の離職もしくは転職希望の理由として、そのハードな勤務体制を理由に上げるひとは少なくありません。
小さな子供がいる看護師にとって夜勤がある職場での勤務は難しいものです。
一般企業と同じ勤務条件であれば、看護師としてのキャリアを活かしつつ、子供たちや家族との時間を大切にしながら働くことができます。
主な仕事の内容としては、社内で体調を崩した人のケア、定期検診を行いその結果や健康診断結果をもとに社員にい対して健康についての啓蒙活動や教育を行うことなどが挙げられます。
近年ではメタボリックシンドロームなど生活習慣病予防の指導などを行うことも増えています。
また、うつ病やパニック障害など、精神的なトラブルに悩む人も増えているため、社員のメンタルヘルスケアへの対応も課題となっています。
こうした企業・産業看護師以外にも治験コーディネーターや臨床開発モニター、クリニカルコーディネーターといった仕事も近年人気のある看護師の仕事です。
主に製薬会社に勤務し、新薬の開発に関わったり、新薬のPRに携わる仕事です。
看護師としての専門知識を活かしながら、一般企業の社員に準じた働き方ができるという大きなメリットがあります。
さらに報酬や待遇の面でもよい待遇を受けれることが多く、その点も人気の転職先となっている理由のひとつです。
勤務時間や休日の関係で病院での勤務が難しくなったと感じたら、病院以外のこうした一般企業への転職を検討してみてはいかがですか?
看護師資格を持った人専門の求人サイトはたくさんあり、無料で登録できるので、まずは登録して情報収集してみるのもおすすめです。
夜勤ができないから、土日は働けないからといって看護師のキャリアを諦める必要はありません。
あなたのキャリアを活かした働き方を探しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です